Data Science Forum 2021

デジタル化の推進とデータ利活用が経営革新には不可欠とされる。様々な経営課題の解決を目指し、多くの企業がDX推進やAI導入に乗り出し先進的事例として語られている。しかし、KPMGコンサルティングの山本直人氏は「本当に企業経営に深く浸透し、活用されているケースは非常に少ない」と話すとともに、「経営者こそテクノロジーの本質を理解するべき」と訴える。その山本氏に「Data Science Forum2021」での講演のポイントなどを聞いた。

インタビュー

KPMGコンサルティング Advanced Innovative Technology PRINCIPAL
山本直人氏

KPMGコンサルティング株式会社アドバンスト・イノベーティブ・テクノロジー プリンシパル。ITベンチャーや大手コンサルティング企業デジタル部門を経て現職では先端技術を活用したコンサルティング活動に従事。

日本企業のAIによる本格的な業務価値変革はこれから

―――KPMGコンサルティングは19年から「Data Science Forum」に協賛してきました。 山本いろいろなご縁があって引き続き協賛をさせていただいています。独自の視点でテーマを設定し、毎回講演をさせていただいていますが、回を重ねるごとに、共感の声も増えており、徐々に手応えを感じています。 ―――今回のテーマも「After AI幻滅期」と刺激的です。 山本テクノロジーが過度なピークを過ぎ、技術が枯れて定着期に向かっているという意味で「幻滅期」という単語が一般的に使われているかと思います。テクノロジーのメガトレンドとしてのAIも、過剰な期待を帯びた時期を超えて、企業各社の味見がなされた状況に来ていると考えます。GAFAといった巨大プラットフォーマーのビジネスに代表されるように、社会を変えるほどのポテンシャルを持つのがAIです。ところが、日本企業で圧倒的な変革を遂げたケースは非常に少ないのが実態で、AIを本格的に活用し企業活動の中で新たな価値を創出していけるか、という点が今後の企業の競争力を決定づける要素と考えています。 ―――そのために必要なことは。 山本シュンペーターがイノベーションを起こす概念として唱えた「新結合」に着目しています。異なるアルゴリズム、異なるテクノロジー、また様々なデータを重ね合わせることで、新たな価値の創出につながるのではないか、と考えています。掛け合わせる要素は超膨大であり人が捌くことは不可能です。それをAIが支援することで、人の発想力、意思決定の精度は強化され、本業の強化や本業以外の新たなビジネスチャンスの拡大につながっていくのではないでしょうか。 ―――市場では多種多様なAIソリューションが登場しています。 山本単発の課題に向き合うソリューションは数多く提供されています。しかし、それを試してみて効果を上げられなかった事例を多く見てきました。世に言う“PoC(概念実証)地獄”です。AIは世にインパクトを与える力を有したものであり、だからこそ企業の将来ビジョンを実現するためには必要不可欠なものと言えます。目の前で行われているPoCは、将来ビジョンにつながっているものなのかどうか、将来ビジョンを実現するためのものであればPoCで終了するわけがないのです。我々の目指すAIソリューションは、企業の将来ビジョン実現に寄り添うものであり、それはコンサルティング活動を通して企業や産業の深い課題感を理解しているからこそ築き上げられるものと言えます。質問に立ち返ると、申し上げたものが、我々のAIに対する考え方であり、我々なりの独自性と考えている点になります。 ―――そのためにKPMGコンサルティングでは、どのような支援を行うのでしょう? 山本実は、当社でも従来は単発の課題に向き合うソリューション提供が主体でした。しかし現在ではコンサルティングの立場から、企業の業務変革を実現するために様々なテクノロジーやデータを融合し、それぞれのストラテジーに寄り添うようなAI活用の提案にシフトしています。また、その取組みによるノウハウや事例も蓄積しています。イノベーションを起こすためには様々なテクノロジーやデータの融合が不可欠と考えて、企業が社会課題に向き合うため仕組みを個々に提案しています。今回の講演では、自然言語処理にフォーカスしていますが、ビジネスに変革をもたらすAI活用の勘所について言及したいと考えています。 ―――AI活用による企業変革支援にもKPMGコンサルティングのこれまでの実績が生かされている。 山本当社は全社戦略領域、業務変革領域、IT・インフラ領域でクライアント企業に寄り添い変革を推進するプロ集団。その中で私がプリンシパルを務めるビジネス・イノベーションユニットのアドバンスト・イノベーティブ・テクノロジー(AIT)は、AIなど先進テクノロジーを活用し、クライアント企業の新しい価値創出を支援する組織です。企業の非線形な成長を支援するために、机上の空論ではなく、実際に動くモノで勝負することを信条に活動しています。

コラム一覧へ戻る