HONGO AI 14社競演 検品技術MENOU6冠 〜HONGO AI 2021①〜

目次

11月29日、アーリーステージのAI(人工知能)スタートアップによるピッチコンテスト「HONGO AI 2021」が開催された。最終選考会に進出した14社がピッチを行い、製造業の目視検査をAI画像で代替する技術を開発するMENOU(東京・中央)が最高賞のBEST AWARDを含む6冠を達成した。

HONGO AI BEST AWARD MENOU

・伊藤忠商事賞・東京海上賞・ソフトバンク賞・EY Japan 賞・視聴者賞

HONGO AI AWARD

MENOU(HONGO AI BEST AWARD・伊藤忠商事賞・東京海上賞・ソフトバンク賞・EY Japan 賞・視聴者賞)
・スマイルロボティクス(三井不動産賞)
・コーピー(住友商事賞)
・vivola(ヤマトホールディングス賞)
・DATAFLUCT(三井住友銀行賞・視聴者賞)
・Tokyo Artisan Intelligence(フジタ賞)
・Yellston
・EmbodyMe
・Citadel AI
・Jmees
・Liaro
・ナレッジパレット
・歯っぴー
・GramEye

HONGO AI 2021 ダイジェスト

HONGO AI 2021 協賛企業メッセージ

HONGO AI 2021 スポンサー

HONGO AI 2021
主催:一般社団法人HONGO AI
「HONGO AI」は、AIスタートアップと本郷近辺の活性化を目指し、特にアーリーステージの優良なAIスタートアップに光を当てることを目的に結成された一般社団法人です。
<構成>ANRI、経営共創基盤、ディープコア、Deep30投資事業有限責任組合、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、東京大学協創プラットフォーム開発
◆共催:日本経済新聞社
◆後援:経済産業省、文京区、人工知能学会、東京大学産学協創推進本部、日本ベンチャーキャピタル協会、日本ディープラーニング協会、AIデータ活用コンソーシアム、Deep Learning Lab、AIビジネス推進コンソーシアム

コラム一覧へ戻る