HONGO AI 2021 ダイジェスト 〜HONGO AI 2021②〜

目次

11月29日、アーリーステージのAI(人工知能)スタートアップによるピッチコンテスト「HONGO AI 2021」が開催された。最終選考会に進出した14社がピッチを行い、製造業の目視検査をAI画像で代替する技術を開発するMENOU(東京・中央)が最高賞のBEST AWARDを含む6冠を達成した。

本郷拠点に起業エコシステム構築

変革を担うAIスタートアップ

松尾氏の講演で使用された複利計算式。GAFA等ユニコーン企業が指数的な成長を遂げているのは、式中のt(運用期間)のサイクルが早いためだと解説した。

開演にあたり、HONGOAI理事で東京大学エッジキャピタルパートナーズ代表取締役社長の郷治友孝氏は「本イベントの前にプレイベントを2回行うなど、きめ細かく準備をしてきた。コロナ禍にあってもスポンサー企業が増加し、HONGO AIがますます発展していることを喜ばしく思う。充実したプレゼンやパネルディスカッションを楽しんでほしい」と挨拶。来賓の文京区長・成澤廣修氏は「インキュベーション施設がいくつかできるなど、数年で本郷が大きく変わってきたのはHONGO AIの影響だろう。文京区内では順天堂大学や中央大学理工学部でもインキュベーション施設の構想が進んでいる。HONGOAIが先駆となって大学起点のまちづくりが広がっていくことを期待したい」と述べた。

「DXとAIスタートアップの役割」と題した講演では東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター/技術経営戦略学専攻教授の松尾豊氏が登壇。松尾氏は「GAFAやテスラが指数関数的な成長を遂げているのは複利計算式で言うところのt(運用期間)のサイクルが早いためだ。テスラの売上高はこの10年で270倍になった。r(利率)を大きくするのではなく、tを大きくするためにAIの活用を意識しなければならない」と意義を説明。そのうえで「tを大きくできる時代では、人間がいかに早く動けるかがポイントになる。最悪なのは変化への対応が遅いことだ。世界では脱炭素やSDGsのような大変革が起きているが、残念ながら日本は対応が遅れている。変革を起こせる人材や組織を生み出すのがスタートアップであり、日本全体の動きを早くしてくれる」とスタートアップの役割について語った。

7社のピッチを挟んだ後に、「大企業×スタートアップで創る〝新たな日本型イノベーション〞」をテーマに協賛社パネルセッションが行われ、住友商事常務執行役員の芳賀敏氏、東京海上ホールディングス常務執行役員グループCDOの生田目雅史氏、三井不動産 産学連携推進部主事の丸山裕貴氏が登壇。各社のスタートアップ連携について紹介した後に、スタートアップへ投資する際の視点、双方の成長やグローバルを視野に入れた協働、日本でのスタートアップエコシステム構築等で活発な議論が繰り広げられた。

vivola代表取締役CEO 角田夕香里氏。ピッチでは女性の健康をAIで見守る同社サービス「cocoromi」のビジネスモデルを発表した。

夢ある事業で社会をけん引

選考委員パネルセッションのテーマは「世界を変える日本のスタートアップとは」。モデレーターを東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻教授の各務茂夫氏が務め、パネリストとして松尾氏、Mistletoeファウンダーの孫泰蔵氏、ニューラルポケット代表取締役社長の重松路威氏が登壇。世界と日本のスタートアップの違いなどについて熱い議論が交わされた。各氏からは、「実現可能性を考えて縮こまるのではなく誇大妄想を持ち続けてほしい」、「変えればいいところを変えられていない日本の現実に、まずスタートアップがアタックしてほしい」等のエールが送られた。

表彰式ではMENOUが視聴者賞、伊藤忠商事をはじめ4社からの企業賞、HONGO AI BEST AWARDの6冠を達成。審査委員を代表して重松氏は「検品現場で誰でも使えるようにノーコードで実現していることや、実際に顧客への導入が始まっていることを高く評価した」と授賞理由を説明。MENOU代表取締役社長の西本励照氏は「誰もがAIを使って高品質を保てるようにしてメイドインジャパンを守っていきたい」と力強く語った。MENOU以外でも、スマイルロボティクス、コーピー、vivola、DATAFLUCT、Tokyo Artisan Intelligenceに企業賞、視聴者賞が贈られた。

 MENOUは、「伊藤忠商事賞」(プレゼンターは、同社 情報・金融カンパニー 情報・通信部門 情報産業ビジネス部長 浅野 哲也氏)はじめ4社から企業賞が贈られた。

最後に、HONGO AI理事を務める東京大学協創プラットフォーム開発 代表取締役社長の大泉克彦氏が「本郷をイノベーションの拠点に、高い次元のスタートアップエコシステムの構築に尽力したい」と締めた。

次のページ:協賛社パネルセッション「事業にグローバルな視点を」
  • 1
  • 2